Hajime Asaoka Tsunami15

独立時計師 浅岡 肇(Hajime Asaoka)

1965年神奈川県生まれ。1990年に東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、1992年に浅岡肇デザイン事務所を設立。プロダクトデザイナーとしての仕事を熟しながら、当時ではまだまだ馴染みの浅かった3Dキャドグラフィックなどの技術を身につけ、腕時計のデザインを行った事がきっかけとなり、複雑時計の代名詞とも云えるトゥールビヨン機構を搭載した腕時計作りを独学で作り始める。2009年にトゥールビヨン機構を搭載した高級機械式腕時計を発表。時計界からの時計職人的観点とは全く異るデザイナーとしての視点からのその作風は、強烈な独自性を放ち世界中からの注目を集めている。現在も時計製作の全工程を“イチ”からではなく、まさしく“ゼロ”から手掛けるスタイルも、数少ない独立時計師のひとり。現在世界で数十人の独立時計師から構成された国際的な組織、独立時計師“アカデミー”(AHCI“Académie Horlogère Des Créateurs Indépendants ”)の正会員でもある。

時計専門誌クロノス日本版編集長 広田雅将(ひろた まさゆき)氏が、以下のリンク先サイト“朝日新聞デジタル”でも述べられている言葉を貼付させて戴くと…

『この時計、大胆な設計にもかかわらず、時計としてまったく破綻(はたん)していない。ケースは薄くて腕なじみは良好だし、文字盤や針の出来も、一流 メーカーのそれに肩を並べる。もちろんこれらも、浅岡氏が制作、あるいは最終的に手を加えたものだ。お値段は250万円。ただの手巻きとしてはかなり高価 だが、事実上ひとりで部品製造から調整までやっているのだから、むしろ破格だろう。 
 もっとも、問題はある。あなたがどんなに大金持ちでも、どんなに権力を持っていても、彼に納期をせかすことだけは不可能だ。それさえ納得できれば、彼の時計には、手にするだけの価値がある。』

と、価格以上の価値を手にする事が出来るのも限られた人だということを理解していただきたい…。
その他Webchronosにも浅岡さんが製作された内容等も掲載されていますので是非一読頂ければと思います。
1万8000振動/時、17石。パワーリザーブ40時間。フリースプラング。地板及び受け板は、洋銀製。SSケース(直径37mm)。3気圧防水。
価格¥2,500,000(税別)


参考商品として以下のモデルも入荷致しました。



Hajime Asaoka Tsunami15” への4件のコメント

    • 山縣敏憲さま
      こんにちは、小柳時計店です。
      浅岡さんが作られる時計は、工業製品としてライン生産されている多くの時計メーカーとは一線を画しており、様々なパーツの仕上げを見ても、細部までとても美しいです。
      それは勿論、トゥールビヨンにも言えます。(^^)
      それと浅岡さん曰く、設計の段階から美しく見える歯車の配列も考慮して設計をしている…とのことですよ。

  1. 浅岡 さんの時計に興味があり、コメントさせていただきます。
    Unique Pieceは展示だけでなくも販売されるのでしょうか。

    • お問い合わせ頂きありがとうございます。
      浅岡さんのUnique Pieceですが、もう既にお客様の手許に渡っております。
      恐れ入りますが、宜しくご理解下さいますようお願い致します。

コメントは受け付けていません。