S.U.F Helsinki Vetehinen by Srapeneva

  S.U.F Helsinki Vetehinen by Srapeneva
(S.U.F ヘルシンキ ヴェテハイネン by サルパネヴァ)
フィンランド出身の独立時計師Stepan Sarpanevaが製作するセカンドライン『S.U.F HELSINKI』。その内でS.U.F HELSINKI初となるダイバーズモデル、Vetehinen“ヴェテハイネン”。
ヴェテハイネンとは、1930年代初め頃フィンランドの独立戦争に使われていた潜水艦『ヴェテハイネン号』からネーミングされています。

 

Technical Specifications

Movement

  • Eterna 3901A Calibre, 28800 mph (4 Hz)
  • Mechanical Automatic winding
  • Hours, Minutes, Small seconds
  • 29 jewels
  • 65 Hours power reserve
  • Rhodium plated

Case

  • Stainless Steel (Supra 316L/4435), 42 mm in diameter, 13 mm in thickness
  • One-way rotating bezel with Superluminova marking
  • Screw in case back and crown
  • 2.05 mm thick sapphire crystal with multi antireflective coating inside
  • Water-resistant to 30 ATM

Dial

  • Comblémine cadrans soignés
  • Galvanic colored( Copper or Purple or Black )
  • Superluminova indexes
  • Steel hands with Superluminova

Strap

  • Leather in various colours
  • Rubber
  • Stainless steel pin buckle

Helmut-Sinn 1916-2018 (ヘルムート・ジン氏死去…)

Sinn_2018_0214

それぞれ、ヘルムート・ジン氏のモデルや、ローター・シュミット氏とヘルムート・ジン氏との共同開発をしたモデル等関わりの深いモデルです。(参考出品)

スクリーンショット 2018-02-16 21.47.58Mr. Helmut-Sinn, former president of the German special watch company, died on February 14, 2018 at the age of 101.
(ドイツ特殊時計会社の元社長であるへルムート・ジン氏が2018年2月14日に101歳で亡くなられました。)

第二次世界大戦においてドイツ軍の戦闘時パイロットとして活躍したヘルムート・ジン氏は、銘機の誉れ高い《ユンカース52》や《ユンカース88》を駆り、延べ2万時間以上の飛行を達成しました。しかし不慮の事故により戦線離脱を余儀なくされましたが、豊富な実戦経験を通して精度の高い時計の存在がパイロットに取っていかに大切かを学んだのです。これが契機となって彼は時計作りを初めました。1950年代のことです。以来今日までドイツ人の気質でもある緻密さと手作りに拘るクラフツマン・シップによって、軍に採用されるコックピット・クロックやクロノグラフ等、銘品と評価される数多くの時計を生み出してきたのです。

【ローター・シュミット氏を招き入れて…】
さらなる前進を期すフランクフルトの工房には、ドイツ シャウハウゼンに本社を置く時計メーカー sinn&shumitteインターナショナルウォッチカンパニー(IWC社)にてエンジニアを努め、ポルシェ・デザインのチタンケース、同社の傑作と知られるコンプリケーションモデル“ダヴィンチ”の開発などを成功に導くという実績を残していたローター・シュミット氏を招き入れます。
ヘルムート・ジン氏とロー・ターシュミット氏、名工と謳われるふたりのコラボレーションによって、ジン社はさらなる発見と新たな驚きをこれからも提供し続けます。
《1980年代カタログより抜粋》

ご冥福をお祈り致します。m(_ _)m

ULYSS NARDIN Classico Manufacture

ユリス・ナルダンとドンツェ・カドラン
2016年から発売されたクラシコエナメルのスモールセコンドタイプには、自社で製造開発されたシリシウムのヒゲゼンマイやガンギ車を採用したユリス・ナルダン製キャリバーUN-320を搭載しており、クラシカルでありながら耐磁性にも優れた仕様になっています

またこのモデルの特筆すべきもう一つの大きな特徴は、1972年に創業し、以来多くの高級メゾンからも信頼を寄せられており、近年幾つものメーカーが新作で採用するエナメル文字盤の美しさは『ドンツェ・カドラン』社製が郡を抜いていると言われ、その技術はスイス最高峰と称賛されており、特にホワイトエナメルの平滑さは奇跡とまで言われています。
そのエナメル工房ドンツェ・カドランは、17世紀に確立された高温焼成のグラン・フー、クロワゾネ、シャンルベ、フランケのエナメル技法に継承し、多様な要望に応えています。その由緒あるドンツェ・カドラン社をユリス・ナルダンは、2012年より傘下に置き、多様なエナメル文字盤を展開しています。

ドンツェ・カドラン最高峰のエナメル技術
ドンツェ・カドラン社は、最高峰の技術を誇るエナメル工房としても知られています。
1972年にマイスターエナメラーと謳われたフランシス・ドンツェ氏によって創業されました。創業者のフランシスは、1987年に退職するまで時計文字盤の職人としての道を追求し続けました。

エナメル技法を愛し、独自性を追求するユリス・ナルダンは、25年以上に渡り、質の高いエナメルをフューチャーした製品を発表して来ました。
そのエナメルの専門技術を持つ職人は、ほんの一握りしか存在せず、『失われた装飾技法』と言われています。
その希少なエナメル装飾は、今日、世界で最もプレステージの高い時計ブランドのみ見ることが出来ます。

一つ一つの製作工程には卓越したスキルと精確さが求められ、複雑さ、絶妙なディテール、鮮やかな表現、それらが相まって魅力的な効果をもたらすエナメル文字盤の腕時計は、何世紀にもわたり、コレクターにとって垂涎のアイテムとなっています。

ユリス・ナルダンは、ドンツェ・カドラン社とともに『グラン・フー』、『クロワゾネ』、『シャンルベ』、『フランケ』というエナメル技法を文字盤製作に取り入れています。
ドンツェ・カドランの製作工程は、17世紀から変わらずに伝統を守り続けています。

ユリス・ナルダン クラシコ エナメル
(左)2018年発表モデル
Ref.3203-136-2/E0-42
ホワイト グラン・フーエナメルダイアル
自動巻き(自社キャリバーUN-320)
ケース径:40mm/ケース厚:10.2mm
SSケース/30m防水
¥1,101,600(税込)

ユリス・ナルダン クラシコ エナメル
(右)2017年発表モデル
Ref.3203-136-2/E3
ブルー フランケ・エナメルダイアル

自動巻き(自社キャリバーUN-320)
ケース径:40mm/ケース厚:10.2mm
SSケース/30m防水
¥1,101,600(税込)

Sinn.6200.Meisterbund.1

6200meisterbund1_001Sinn.6200.Meisterbund.1

“ジン.6200マイスターブンド1(マイスター連合)”と名付けられたこのモデルは、ドイツの時計製造に携わるメーカー3社が“ドイツメイド”にこだわって製作したモデルで、18金ローズゴールド製ケースの設計・製作は、ランゲ&ゾーネやグラスヒュッテ・オリジナル等の大手ブランドのケースやその他多数のドイツメーカーのケースの製造を請け負う、Sinn社傘下でドイツ グラスヒュッテにあるランゲ&ゾーネ社と道を挟んで向かい側にあるケース工場、SUG社(Sächsische Uhrentechnologie GmbH Glashütte)が設計及び製作を行っています。
またこの時計に搭載しているムーブメントは、ドイツ ドレスデンにあるUWD社(Uhren-Werke-Dresden)  がドイツの伝統的なスタイルで手掛けています。

それまでドイツでは、時計師マルコラング氏の時計ブランドでラング&ハイネ社や、近年では2008年に創業した独特なグロスマンテンプでも知られるモリッツ・グロスマン社等が嘗てのドイツの伝統技法で製作していました。
中でもUWD社は、伝統的作りとパーツの仕上げ等を重視し、敢えてコストを考慮し製作に携わりました。

そしてこの伝統的なマスターピースの方向性を合わせて時計の“顔”を作り、それと同時に機能性に合わせてフォルムを形作ったのがジン社です。

この3社はそれぞれの専門分野でのマイスターであり、素材、精密さ、品質に関する最高の要件を満たしています。この時計の組み立てと製作はドイツで行われ、すべての主要部品はドイツ国内で製造されているので、この時計はドイツの技術者と職人の革新力の堂々たる証でもあるのです。

この時計に搭載しているドイツ製手巻キャリバーUWD 33.1は、特殊構造のバレルブリッジによる片側のみで固定された香箱を備えています。動作調整はテンプ機構の偏心ネジを移動させることによって行います。さらにスワンネックの調速機構を使って、微調整と動作均整の調整がスムーズに行われます。ムーブメントのすべての部品は精密な仕上げを施されており、その美しさも特筆すべき点です。 美しいフォルムのケースは18Kローズゴールド製で、ギョーシェ彫りの加工が施された文字盤にはアプライドインデックスが採用されました。飛びアラビア数字のインデックスはドイツの伝統的な掛け時計や置時計のスタイルと同様です。
このモデルは、そのフォルムと機能において、ドイツ時計業界のマイスターたる3社が最高の技術力を傾けた、時計作りにおける伝統的クラフトマンシップの成果であるといえます。ブランド創立55周年を記念してその生産本数は世界でわずか55本です。

【ムーブメント】
・UWD 33.1(ドイツ製/手巻/19石/21,600振動)
・特殊構造のバレルブリッジ
・6本の偏心ネジによる調整機構
・スワンネック調速機構
【機能】
・時・分・秒(スモールセコンド)
【ケース・ベルト】
・ケース:ローズゴールド
・ベルト:アリゲーターストラップ
・風防:両面無反射サファイアクリスタル
・リューズ:非ねじ込み式
・裏蓋:サファイアクリスタル、ねじ込み式
・防水性能:10気圧防水
・負圧耐性
【サイズ・重量】
・ケースサイズ:直径40mm×厚さ9.3mm
・ベルト幅:20mm
【その他】
・世界限定55本(国内3本)
■税別本体価格 ¥2,300,000 【税込本体価格 ¥2,484,000】

【2016 ZENITH New Arrival Fair】

【2016 ゼニス ニュー アライバル フェア】
伝説的なグループ“ローリング・ストーンズ”やイタリアンクラッシックカーレース等にサポートしているゼニス。
中でも1920年代にイギリスで生まれたバイクのレースに触発され、当時英国の若者達が高速道路上にあるCafeからCafeまで乗る為にバイクをカスタマイズしていたバイクからインスピレーションを受けて作られたモデル【HERITAGE PILOT TON-UP】等を始めとする【2016 ZENITH New Arrival fair】を開催します。
期間:8月29日(月)~9月26日(月)
特典:ご成約の方にゼニスオリジナル オートワインダープレゼント【非売品】及び最長84回までの無金利ローンをご用意。
(商品により回数は異なります。詳しくはスタッフまで)。
zenith_windingbox001

Hajime Asaoka Tsunami15

独立時計師 浅岡 肇(Hajime Asaoka)

1965年神奈川県生まれ。1990年に東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、1992年に浅岡肇デザイン事務所を設立。プロダクトデザイナーとしての仕事を熟しながら、当時ではまだまだ馴染みの浅かった3Dキャドグラフィックなどの技術を身につけ、腕時計のデザインを行った事がきっかけとなり、複雑時計の代名詞とも云えるトゥールビヨン機構を搭載した腕時計作りを独学で作り始める。2009年にトゥールビヨン機構を搭載した高級機械式腕時計を発表。時計界からの時計職人的観点とは全く異るデザイナーとしての視点からのその作風は、強烈な独自性を放ち世界中からの注目を集めている。現在も時計製作の全工程を“イチ”からではなく、まさしく“ゼロ”から手掛けるスタイルも、数少ない独立時計師のひとり。現在世界で数十人の独立時計師から構成された国際的な組織、独立時計師“アカデミー”(AHCI“Académie Horlogère Des Créateurs Indépendants ”)の正会員でもある。

時計専門誌クロノス日本版編集長 広田雅将(ひろた まさゆき)氏が、以下のリンク先サイト“朝日新聞デジタル”でも述べられている言葉を貼付させて戴くと…

『この時計、大胆な設計にもかかわらず、時計としてまったく破綻(はたん)していない。ケースは薄くて腕なじみは良好だし、文字盤や針の出来も、一流 メーカーのそれに肩を並べる。もちろんこれらも、浅岡氏が制作、あるいは最終的に手を加えたものだ。お値段は250万円。ただの手巻きとしてはかなり高価 だが、事実上ひとりで部品製造から調整までやっているのだから、むしろ破格だろう。 
 もっとも、問題はある。あなたがどんなに大金持ちでも、どんなに権力を持っていても、彼に納期をせかすことだけは不可能だ。それさえ納得できれば、彼の時計には、手にするだけの価値がある。』

と、価格以上の価値を手にする事が出来るのも限られた人だということを理解していただきたい…。
その他Webchronosにも浅岡さんが製作された内容等も掲載されていますので是非一読頂ければと思います。
1万8000振動/時、17石。パワーリザーブ40時間。フリースプラング。地板及び受け板は、洋銀製。SSケース(直径37mm)。3気圧防水。
価格¥2,500,000(税別)


参考商品として以下のモデルも入荷致しました。


〜夏季休業のおしらせ〜

〜夏期休業のお知らせ〜
2016_summer01誠に勝手ながら下記の日程にて休業させて頂きます。
8月16日(火)〜8月18日(木)
8月19日(金)より通常通り営業致します。
みなさまには大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解下さいますようお願い致します。

素晴らしい休暇をお過ごしください…

60th Anniversary JEANRICHARD×KOYANAGi

Jeanrichard×koyanagi01_jpg今年で創業60周年を迎える小柳時計店は、昨年より企画しておりました特別なモデルとして、ジャンリシャール×WatchShop KOYANAGiモデルを発表します。

モデルとしては、昨年44mmで発表になり即完売したテラスコープにEDM文字盤を使ったモデルがございましたが、今回小柳時計店創業60周年記念に合わせて、男女どちらもご使用頂ける39mmのテラスコープをベースに使用し、ブルーのサスペンディットインデックスに60周年記念を表す、6時の位置にのみアラビア数字の“6”をポイントしました。


またより上品かつシンプルにする為に、ジャンリシャール本社にお願いをし、敢えて日付を排除しました。


また、今までに無いデイト窓を排除する事でよりシンプルに纏めました。
限定数は24本で、発売は6月1日(Wed)より販売開始致します。

●ケースサイズ:39mm
●厚さ:10.30mm
●巻き上げ機構:自動巻き(38時間)
●風防:無反射加工サファイヤガラス
●インデックス:サスペンデッドインデックス
●文字盤:ホワイトEDMダイアル
●裏蓋:サファイヤクリスタルガラスケースバック
●防水性能:10気圧防水
●品番:60510-11-703-11A
●本体価格:¥297,000(税別)[24本限定]

2016バーゼルワールド開催につき…

top
3月17日(木)〜3月24日(木)までスイス バーゼルにて世界の時計見本市《バーゼルワールド》が開催されます。
当店も各ブランドへ商談に訪れますので皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さ居ますようお願い致します。
期間:3月18日(金)〜3月26日(土)まで

ユリス・ナルダン取り扱い開始

画像

DSC02550_01
ユリス・ナルダンは、昨年ケリンググループに参入し、国内ではソーウィンドジャパンが輸入元となりました。

それを記念して、ユリス・ナルダンとして初となる、“マリンクロノメーターマニュファクチュール”のステンレスケース×K18PGベゼルモデルにグランフーエナメルを用いたスペシャルモデルが50本限定で発表されました。

マリンクロノメーターマニュファクチュール
Ref.1185-126LE/E0
¥2,000,000(税別)